トップギャラリー

令和6年度自衛官募集相談員の連名委嘱状交付式(2024/05/21)

南城市長と自衛隊沖縄地方協力本部長の連盟による委嘱状交付式が、市役所で行われ、運天貴也議員と上地寿賀子議員が相談員として委嘱されました。任期は令和6年4月1日から2年間です。

古謝市長、上地寿賀子議員、運天貴也議員、久保勝裕本部長

相談員は2年間の任期で、自衛官志願者に関する情報の提供や自衛官募集広報などの活動を行っていきます。

古謝市長は「皆さまのお力添えで募集をがんばっていただきたい」と述べ、久保本部長は「引き続き、ご協力をお願いいたします」と協力を呼びかけました。

4期目となる運天議員は「ご指導のほどよろしくお願いします」と意気込みを語り、上地議員は「私たちを守る自衛隊の役割は非常に大きいものだと感じています。微力ながらご協力させていただければ」と述べました。

2024-05-21 | Posted in Blog, 市長活動報告2024Comments Closed 

 

第74回沖縄県植樹祭(2024/05/18)

「育もう 緑とこどもの未来」をテーマに、全島緑化県民運動「第74回沖縄県植樹祭」が大里こども園で開催されました。沖縄県、(公社)沖縄県緑化推進委員会、南城市が主催し、内閣府沖縄総合事務局、沖縄森林管理署、市町村、沖縄県全島緑化県民運動推進会議が後援する緑化推進イベントです。

園児のダンスで幕開け

緑の少年団による緑化宣言

イベントでは市内の緑の少年団による大会決議、開催地から次期開催地への苗木の贈呈、参加者全員による植樹があり、記念苗木として南城市の花木のクチナシが来場者へ配られました。

南城市から次期開催地の八重瀬町への苗木の贈呈

合計438本の苗木を植樹

開催地を代表して挨拶をした古謝市長は、「県内の多くの方々が南城市へお越しいただき、感謝を申し上げます」と、南城市での開催を喜びました。今年の祭のテーマに触れて「これからの南城市の子ども達が緑と共に成長し、まちぐるみで子ども達の未来をひろげていく環境づくりをすすめたい」と、締めくくりました。

式典後、参加者はカニステルなど実がなる樹木や、ミニサンダンカなどの苗木を園庭に植樹しました。大里こども園のほか、市内すべてのこども園での植樹も予定しています。

2024-05-18 | Posted in Blog, 市長活動報告2024Comments Closed 

 

南城市赤十字奉仕団 活動資金募集運動出発(2024/05/13)

赤十字活動資金を募る5月の「赤十字会員増強運動」月間に合わせて、南城市赤十字奉仕団(城間廣子委員長)が今年度の活動資金募集運動の出発式を市役所で開きました。

出発式での記念撮影

式には団員のほか、地区長の古謝市長、日本赤十字社沖縄支部の上間司事務局長も出席して激励しました。また、今年度の第1号となる活動資金の寄付が沖縄メディカル病院より贈呈されました。

挨拶をする城間廣子委員長

第1号となる活動資金を寄付

赤十字の活動費は、個人や企業からの募金で支えられています。市町村ごとに組織される『地域赤十字奉仕団』が地域をまわり、活動に賛同する方々から募金を集めます。昨年度、南城市地区では4,661,818円の浄財が集まり、目標達成率は97.1%でした。今年度は4,801,000円を目標に、活動資金募集運動を展開します。ぜひ、ご協力をよろしくお願いいたします。

2024-05-13 | Posted in 市長活動報告2024Comments Closed 

 

南城市建設コンサルタント会が40万円を寄付(2024/05/13)

南城市建設コンサルタント会(石川明会長)が市役所を訪れ、市へ30万円、社会福祉協議会へ10万円の寄付を行いました。

南城市建設コンサルト会のみなさま

同会の石川会長は「市の人口増加や子どもたちの育成を支援するため、微力ながら南城市の発展に寄与させていただきます」と寄付金を贈呈しました。

古謝市長は「素晴らしいご寄付をありがとうございます。今後も南城市発展に向け、市や社会福祉協議会と連携をとりながら頑張っていきましょう」と述べ、社会福祉協議会の城間会長は「寄付いただき感謝申し上げます。福祉活動に有効に活用させていただきます」と謝辞を述べました。

2024-05-13 | Posted in Blog, 市長活動報告2024Comments Closed 

 

南城市建築設計『一水の会』が寄付(2024/04/26)

南城市建築設計『一水の会』(銘苅久幸会長)が市役所を訪れ、南城市に30万円、南城市社会福祉協議会(城間寿史会長)に10万円を寄付しました。

寄付金を贈呈

銘苅会長は「南城市のために会員が団結し、寄付を決定しました。南城市が住みやすいまちになるように私たちも応援しています」と寄付金を贈呈しました。

古謝市長は「素晴らしい浄財をありがとうございます」と述べ、社会福祉協議会の城間会長は「有効に活用させていただきます」と感謝の意を表しました。

寄付金は「人材育成」と「福祉事業」へ活用される予定です。

2024-04-26 | Posted in Blog, 市長活動報告2024Comments Closed 

 

株式会社オガールと「南城の地域資源を活かした未来共創事業」に関する協定を締結(2024/04/16)

南城市役所で「南城の地域資源を活かした未来共創事業」の協定締結式を行いました。この事業では、建設中の南部東道路「つきしろIC」周辺の公有地等を活用し、市と民間事業者が連携して農畜水産業や観光産業の振興を目指します。

協定書を掲げる事業者の皆さんと市関係者

協定書に署名する岡崎正信代表(左)と古謝市長

事業の開発地は「つきしろIC南土地区画整理区域」内の北側に位置し、この地域には大型商業施設「コストコ沖縄南城倉庫店」の開業も予定されています。民間事業者は公募により、株式会社オガール(岡崎正信代表取締役)を代表企業とする企業共同体「NOLL南城垣花企画委員会」が選定されました。同社は岩手県紫波町で手がけた公民連携事業で高い評価を得ています。

提案内容と意気込みを語る岡崎代表

赤い実線内が計画予定地

協定式では、株式会社オガールの岡崎代表と古謝市長が協定書に署名。古謝市長は「同地域は地理的優位性の高い地域。施設を利用する市民の利便性と幸福度を最大化するために、民間事業者と協働で事業を推進することで、市民のニーズに即した賑わいのあるエリア作りに繋がり、市の主力産業である農畜水産業や観光業の振興に繋がると期待している」と述べました。

また、岡崎代表は「事業を生む企画・設計の段階から建設・運用に至るまでを、事業者とともに作り上げていこうとする南城市の姿勢に感銘を受けた。大事な市民の皆さまの土地を使わせていただく。数年後には南城市市民の皆様が喜んでいただけるような施設を経営していきたい」と挨拶。

さらに、岡崎代表は「第一次産業はローカルの象徴。農畜水産業が元気になれば、おのずと観光産業も元気になるという考えのもと、企画をつくった」と述べ、提案内容についても詳細を説明。農畜水産物を加工・販売することで付加価値を高める「ファームファクトリーストア」や、そこで従事する関係者が暮らす「ワーカーズハウス」を第1期事業とする構想を説明しました。第2期事業には長期滞在のための「レジデンスホテル」を予定しています。

今後、南城市と民間事業者は、基本計画の策定を進め、事業の具体的な進行を図っていく予定です。

企業共同体の構成企業等は以下のとおり:

  • 代表企業:株式会社オガール
  • 構成企業:有限会社とまとハウジング
  • 構成企業:米元建設工業株式会社
  • 構成企業:タイラホールディングス株式会社
  • 協力企業:株式会社ワークヴィジョンズ
2024-04-16 | Posted in Blog, 市長活動報告2024Comments Closed 

 

令和6年度上がり太陽プラン事業 審査員の中学生が来訪(2024/04/15)

令和6年度『上がり太陽プラン事業』の審査員を務める中学生のみなさんが、市役所へ来訪しました。

同事業は、市民活動団体から地域の課題解決・コミュニティの活性化を図る提案事業を募集し、優秀な事業を行う団体に対し、事業実施に係る経費の一部又は全部を助成金として交付します。

提案団体のプレゼンテーションを中学生が審査し、どの団体に助成するかを決定します。

審査員のみなさんと記念撮影

中学生のみなさんは「自分たちで考えて、南城市の発展に貢献したい」など、意気込みを語りました。古謝市長は「新たな時代を切り開くみなさんの視点から考えていただきたいです。期待しています」と激励しました。

2024-04-15 | Posted in Blog, 市長活動報告2024Comments Closed 

 

令和6年 春の全国交通安全運動開始式(2024/04/05)

4月6日から15日までの10日間、全国一斉に「春の全国交通安全運動」が実施されます。南城市、南風原町、与那原町の1市2町を管轄する与那原警察署、各市町の交通安全推進協議会、交通安全母の会、与那原地区交通安全協会などの関係者が集まり、同運動の開始式を南城市役所で開きました。

開始式の様子

交通安全グッズの贈呈式

式では南城市交通安全推進協議会の古謝景春会長による挨拶のほか、与那原警察署の安里真全署長と、与那原地区交通安全協会の仲程清和会長による激励の挨拶が行われ「交通事故のない、安心・安全な社会を作りましょう」と呼びかけました。

今年度、管内の小学校に約1341名の新1年生が入学します。開始式の最後には、子どもたちの安全を願い、新1年生へ贈る交通安全グッズの贈呈式も行われ、交通安全への思いをひとつにしました。

 

令和6年 春の全国交通安全運動

期間 令和6年4月6日(土)から4月15日(月)までの10日間

運動のスローガン「わたるまえ わすれずかくにん みぎひだり」

運動重点(全国重点)
(1)こどもが安全に通行できる道路交通環境の確保と安全な横断方法の実践
(2)歩行者優先意識の徹底と「思いやり・ゆずり合い」運転の励行
(3)自転車・電動キックボード等利用時のヘルメット着用と交通ルールの遵守

2024-04-05 | Posted in Blog, 市長活動報告2024Comments Closed 

 

特産もずくで交通安全を呼びかける(2024/04/05)

令和6年「春の全国交通安全運動」(4月6日〜15日)が、各地で展開されます。運動の開催を前に、南城市交通安全推進協議会(古謝景春会長)が主催する交通安全街頭指導「もずく作戦」を、津波古交差点で実施しました。

古謝会長は「安全な交通社会が実現できるよう、ご協力をお願いします」と主催者を代表して挨拶しました。与那原警察署の安里真全署長と与那原地区交通安全協会の仲程清和会長も参加者を激励しました。

ドライバーに安全運転を呼びかける古謝会長

もずくとチラシを配る安里署長(手前)と参加者

同作戦には主催団体のほか、南城市役所三役と職員、南城市議会議員、与那原警察署員、与那原地区交通安全協会、南城市交通安全母の会、佐敷地区区長会、南城市商工会が参加。一行は赤信号で停車しているドライバーへ市内で生産された乾燥もずくとチラシを配布し、交通安全を呼びかけました。

2024-04-05 | Posted in Blog, 市長活動報告2024Comments Closed 

 

照喜名朝一さんの胸像建立へ寄付(2024/04/04)

琉球古典音楽の人間国宝、照喜名朝一さんの胸像建立に向けて、市職員から集められた寄付金274,000円を「照喜名朝一翁胸像建立期成会」へ贈呈しました。

「照喜名朝一翁胸像建立期成会」へ寄付金を贈呈

胸像は、照喜名朝一さんが幼少期によく遊んでいたとされる知名くらじ広場の一角に、三線を構える姿で建立される予定です。

期成会の照喜名進さんは、「先生の3回忌である9月10日に合わせて完成を目指している。先生も喜んでくださると思います」と感謝の言葉を述べました。

6月8日(土)にはシュガーホールでチャリティーコンサートが予定されています。詳細は以下URLをご確認ください。
▶︎南城市文化協会チャリティー公演

2024-04-04 | Posted in Blog, 市長活動報告2024Comments Closed